Multiversum - 4th Generation Blockchain

Download public SDK

Request contact for SDK

Ask for a secure meeting

Multiversum is a
Relational Blockchain

as a Service for
Crypto-Relational Database

Multiversum

Multiversum is a
Relational Blockchain

as a Service for
Crypto-Relational Database

Download Vision Paper

PUBLIC

Our solution for everybody, programmers and common users. This solution will let you use our Pay-per-use libraries and the Free SDK.

Download SDK

CORPORATE

For corporate solutions, in a safe, tested and efficient way. The Corporate Solution is: Decentralized, Blockchain Ledger, Migration Enterprise Tools (provided by external partner).

Request contact

GOVERNMENT

For Governments and Public Administrations, Blockchain Ledger, Migration Tools, Data Masking and Sealing, Native Identify Ass. Management (provided by external partner).

Ask for a secure meeting

Soft Cap Reached

Thanks for the support.

5 Million
15 Million
35 Million

Exchange listing coming soon.

First ExchangeExrates August, 2018
Second Exchange September, 2018
Third Exchange ????, 2018

News

Expo and Summit

  • June 13-14, 2018

    Multiversum present at the 121 Tech Investment

    Hong Kong
    Andrea Taini
  • May 17-18, 2018

    Multiversum present at the Global Blockchain Technology Summit.

    London UK
  • May 14-16, 2018

    Multiversum present at the Consensus 2018.

    New York
  • May 2-3, 2018

    Multiversum present at the Future Blockchain summit.

    Dubai
    Andrea Taini
  • April 18, 2018

    Multiversum present at the London's Expo.

    London, United Kingdom
    Andrea Taini
  • April 18, 2018

    Multiversum present at the Global Entrepreneurship Congress in Istanbul.

    Istanbul, Turkey
    Michele Orzan
  • April 13 - 15, 2018

    Multiversum present at the leading conference on decentralization.

    Serbia
    Andrea Taini
  • March 25, 2018

    Multiversum present at the Seoul's Expo.

    Seoul, South Korea
    Michele Orzan

Why us

相関ブロックチェーン

多次元構造に関連した、様々なデータを扱う全く新しいブロックチェーン。

分割タイプのチェーン

チェーンの可分性によってノード間でのリソースの最適化。

取引速度

0.2秒以内でのウォレット間の送金 。

取引のスループット

無限のスケーラビリティー:64コアサーバーで最大64,000 Tps (1000 Tps/core)。

プルーフオブインテグリティ(保全性の証明)

PoS (プルーフオブステーク)はPoI (プルーフオブインテグリティ)に置換されます。

次世代型ウォレット

生体認証入力によるアクセスと資金送金時の最先端のセキュリティ。

エコフレンドリー

マルタイヴァーサムは取引コストがわずかで、環境フットプリントはほぼゼロです。

ロールバック

ロールバックは仮想通貨ではなくトークンに動作。

サーバー配分型リカバリーノード

グローバル規模のディザスタリカバリに備えて、リカバリーノードを行うサーバーは世界中に分散されます。

マルタイヴァーサム

公衆衛生、金融、そして経済体系の全てがブロックチェーンによってもたらされる技術革新を目の当たりにしようとしています。そして、運用上の高度なセキュリティを必要とし、ブロックチェーンによって生産性を高める全ての市場参加者のニーズに応える事は我々のゴールでもあります。

我々の高度なセキュリティと安定性基準により、私たちは第4世代型ブロックチェーンのコンセプトを現実的かつ実用的にし、わずかなコストで革新的かつ効率的なソリューションを提供します。マルタイヴァーサムにインスピレーションを与えた哲学はグリーンウィルマニフェストであり、それは以下の3つの単語に集約されます:

社会的側面:個人の発展と価値観の尊重

地球

環境的側面:重要な資源の尊重

利益

経済的側面:全てのプロジェクトの動力源であり、その実現可能性を決定付けます。

問題点

現在のブロックチェーンでは複雑なデータを結合し、即座にネットワークに流す事ができません。また、システム保全とセキュリティをバックエンドでコントロールすることができません。したがって、現在の状況では機関、金融、産業、行政における市場拡大を緩和しえません。いくつかの暗号通貨が市場にて現在使用されていますが、実装の複雑さ故に実用的ではありません。

解決策:相関的第4世代型ブロックチェーン

複雑に構造化された宇宙で私たちは、暗号通貨間のシナジーを生み出し、特定のニーズに適応し、それ自体が分割、再結合可能であり、簡潔かつ速いデータの流れを可能にする、より安全な第4世代型ブロックチェーンへの飛躍を可能にするツールを提供します。

多次元の可能性

私たちは高度なセキュリティと信用性を誇り、詐欺やハッキング行為などからユーザーを守るロールバックに対応しているマルチカレンシーウォレットを利用しています。他の暗号通貨やトークンは自由にチェーン上を行き来し、高速のチェーン同士での相互運用を可能にします。また、私たちはどの分散化システムにも共通している低価格の手数料と確実性を保証します。指紋と網膜スキャンに基づく私たちの生体認証型データアクセスはパスワードというコンセプトを時代遅れのものにするでしょう。最後にデータシャーディングと異なる大陸にあるバックアップノードにより、世界規模の災害においてもシステムの生存性と自己回復能力が保証されます。

ターゲット

私たちは不変の証明と確かな状態のデータ保護を求める全ての金融機関、公共・行政機関、産業、個人にこのテクノロジーを提供します。

使命

私たちの使命はITセキュリティと暗号通貨の世界との調和を成し遂げることです。

R&D – ハッカーバウンティ

私たちのチャレンジは未来へと繋がります。私たちは最も高い安全性を提供する事を目指しており、データ保全のレベルの向上に繋がるシステムの脆弱性、解決策を提示される方々に報酬を与えるつもりです。

Crowdfund

ターゲット 35,000,000 USD
141,000,000 トークンERC20 MTV
トークンバリュー: 1 USD

ICO 01-05-2018 to 24-06-2018
Time Bonus
第一、二週 20% Bonus
第三、四週 15% Bonus
第五、六週 10% Bonus
7th & 8th week 10% Bonus

ハードキャップ: 35,000,000 USD
(ハードキャップが達成された時点で寄付の受付は終了します)

総計 141,000,000 MTV
ICOステージに付与されたMTVトークンを保持しているウォレットに未配分のトークンを毎週投下します。投下はICOの終了時から2週間後に始まり、18ヶ月間に渡って行われます。

集められた資金の1%は慈善団体に寄付される予定です。

トークンの分配比率

  • 15% 創設者とチーム (12ヶ月間固定)
  • 6% 協力者
  • 3% アドバイザー、パートナー
  • 76% 貢献者

分配の使用予定

  • 47% マルタイヴァーサム開発
  • 25% 運営
  • 12% マーケティング
  • 5% セキュリティ
  • 5% 法務
  • 5% 内部留保
  • 1% 寄付

ホワイトペーパー

マルタイヴァーサム・テクノロジーはシンボリックリンクを利用して組織化されたデータエンティティの自己検証および分散構造を介してデータレイヤーを強化し、既存のブロックチェーンの限界を打開します。マルタイヴァーサムブロックチェーンは一貫した自己検証型トランザクションの分散システムの基礎を築きます。既存のブロックチェーンの単純データモデルの代わりに、マルタイヴァーサムは単一のデータタイプではなく、様々なデータ構造が相関関係を持つグラフにグループ化された一連のデータの処理を可能にするリレーショナル・クリプト・データベースを創出します。そしてそれは高度に組織化されたデータストレージソリューションであると言えます。関係はブロックチェーンのおける第1級オブジェクトであり、仮想通貨の方式により保証されています。状態の変更がリクエストされると、それぞれが元の分岐から分割され独自のサブチェーンを構築し、操作後に検証のために再結合します。

ロードマップ

  • プレICO

  • 拡張されたチーム開発の開始

  • システムの検査と更新

  • 外部向けイーサリアム型アプリシステム、マルチコイン、通貨交換支援の開発

  • ICO

  • チェーンアブストラクション、ドライバー、ライブラリ、インテグレーションのDBMS開発

  • プルーフオブインテグリティ(または他のアンチ50%+1ハイジャックシステム)及びAndroid、ウェブ、iOS版の生体認証アプリの開発

コレクションステップ

  • 500万

    ウォレット ERC-20、ドライバー、DBMSアブストラクション

  • 1,000万

    相互運用性ERC-23、マルチカレンシーウォレット

  • 1,500万

    ノータリーサービス

  • 2,500万

    パラレルワーク

  • 3,500万

    ハードキャップ、フルプラットフォーム開発

Partners

Speak about us